FC2ブログ

アピスト通信 sp イエローミウア ネグロ北岸支流産

 2014-01-22
売り切れる前に記事にしてしまおう作戦。

追加もしましたがそれでもラスト2prとなりました。
当店はこれにて終了予定です。
別途売り切れ後、取り寄せのご予約等はご相談ください。
可能な限り対応させていただきます。

時間をおいてまた追加する可能性もないではないですが
いい個体たちをしっかり取り扱えました。
今回のセレクト個体たちの若さと質を越える個体は
また別途採集にでもいかないかぎりそうはもう入手むずかしいと思っています。
若くして、といのが今回のこだわりですからね。
いやでもその内大きくなります。
そのときの綺麗さはご自宅の水槽でじっくり仕上げてお楽しみください。
育てたからこその感動がそこにあるはずです。
大丈夫、この魚に4万円使ってみようと思えるあなたなら
しっかりお魚を観察できる目と感性とと工夫と持論をお持ちでしょう!
アピストは美しい魚です、だからこそ買えるのであり、飼えるんです。

この分野に興味のない方からすると目玉飛び出る金額ですからね。


R0047725.jpg
当店でのファーストセレクト、¥48000-
早々にご注文いただいた方数名が入手しているクラスです。
頬、背鰭、腹、尻びれ、尾びれ、全部黄色なおかつ細めの個体です。
顔の青さはどうでしょう、これもバキバキです。
そして若いからこそ可能な雌雄サイズバランス良好さ。
同じ値段なら早いほうがいいとはこういった意味です、
そう多くは取れませんでした、このクラス。

R0047727.jpg
さらに若いでしょうか・・・
それでもしっかり頬、腹、尻びれ、尾びれ、背鰭・・・
こんな個体を育ててゆく、そんな趣味の世界。
誰もがはまってしまうわけではないのに
一度浸かるともう抜けられない、この種の魚が持つ特有の深い魔法にかかってしまう。

R0047742.jpg
この個体メスに空目しますがおそらくは雄。
これをメスと販売してしまうと失敗する。
その見分け方、ちょっと雌雄判別がむずかしいイエローミウアですが
ほかのアピストとちょっと違った観点で判別します。
あくまで自論なんですが、それはご購入いただいたお客様のみ、
ご希望がありましたらお知らせいたしましょう。
内密にお願いしますwwww

R0047736.jpg
R0047754.jpg
メスはこちら。
別個体です。
写真でメスですよ!!!!といわれればそう見えるんですが
実物で見抜いていくのはなかなか慣れていないと難しい。
お店でも若い個体まとめて入ってますので結構雌雄わかるんですか!?
と聞かれますが、小さすぎなければいけます。
雄が尻びれ黄色いのもあり、雌も尾に柄が入るし発色するので
比較的難しいですけどね!


R0047707.jpg
怒るとかわいいんだこれが、必死なんです。
ほんとにかわいい。
大好きですね~
僕個人的にはミウア系結構好きなんですよ。
レアだからとかではなくこのお魚が好きなんです。
なんでと聞かれればこまりますけどね、
ミウア本家なんて地味なのに好きなんですよねw

R0047724.jpg
R0047723.jpg
若いというより幼いwwww
若いうちから導入するメリットとして人になれやすくなります。
結構アダルト輸入サイズだと隠れて出てこない場合の子などいるのですが
若い子から導入してやると水槽に手を入れてもさほど逃げなくなったりします。
やはり厳しい弱肉強食の圧倒的な自然で長く生きてしまうと
警戒心強くなって順応性が低下しちゃうんでしょうね。

さてこの喧嘩、雄と雄、雄と雌、どっちでしょう!
んん~内緒です。
写真だからわかりやすいかな~

R0047770.jpg
R0047773.jpg
Aqua Fauna 便
AP sp イエローミウア ネグロ北岸支流産
スペシャルセレクション 2014年 でした!!

ラスト2prおります。
pr ¥38000-は本日売り切れました。
あと ¥48000- sold outと ¥43000-です。
双方割引対象外。
オススメのセレクト個体です。
ぜひどうぞ! 全てsold out


ちなみに2012年度のイエローミウア初入荷のときの個体は
少々大きかったです。
イエローミウア12年
この大きさでこの感じですから
今年のイエローミウアがいかにいい個体を交えたロットであったかは
おわかりいただけましたでしょうか。
アピストは自然の一部です、毎年おんなじではありあません。
12年は尻びれ黄色くないのいたんだな~(今更
黄色の面積が圧倒的にちがいますね。
今年はイエローミウアの当たり年です。
来年の入荷はわかりませんし今年ほどの黄色い子が入ってくるかもわかりません。
そもそも12年の初到来からまともな入荷はほぼなく、
状態、個体、そろって良かったのは今回が初。

12年はロットがなにかよくわからない病気を持っていまして
なかなかリリースできる量が少なかったこと、
昨年13年度は雌にかたより雄が圧倒的に少なくリリース量はほんのわずか。
やっとの思いで14年度、理想の形で入荷。

チャンスは気づいたら遠のいてしまいますので
シーズン後半入ってますからそろそろご自宅の水槽と相談して
計画的に大人買いしちゃいましょう(笑)

産地に関して、残念ながら今回もやはり産地は非公開のリリースです。
これは僕自身も聞いておりませんので本当に知りません。

ただ、大体の産地のめぼしはついております。
あくまで予想ですが
これが間違っていない保障はありませんが
お買い求めいただきましたお客様には
産地のめぼしとそう思う理由はこっそりお話いたします。
ただし確証はないですし
あくまで予想として一緒に考えてみるだけ、そんな方向性でお願いします。
予想を立てて楽しんでみる、そんなイレギュラーな楽しみ方もアリ。
どうせわからないんだから、いろいろ考えてみちゃいましょう。
通販でご購入のお客様、メールにて一言いただければ
お話させていただきます。
スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://afrikaosaka1.blog.fc2.com/tb.php/712-be4931a9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ