FC2ブログ

ブリタニクティス マイヤシー

 2013-12-21
マナウス一般便よりマイヤシーとして入荷した魚です。

R0047141.jpg
R0047138.jpg

ブリタニクティス アクセルロディと
ブリタニクティス マイヤシー。

実にこの二種はこうして別種としてあつかわれておりますが
現実的に似すぎているため、その確固たる区別方法は
いろいろ言われてますが
どれもその真実味にかけるといいますか
ほんとに???????

と疑問がでてしまう、それほどに似ている。

確実に区別された個体群の二種を同時にみくらべないかぎり
自分の中でこうだ!という答えはでないのだろうなと思います。

しかしながら
誰が確実に種分けした個体群を用意できるのだろうwwwww
と思うとなかなか長い道のりです。
少しずつ繰り返される入荷のたびに
ああでもないこうでもないと言いながら
しかし前回とちがうぞ!?という何かを見つけそして重ねていくことでしか
現状、むずかしいお魚ですね、彼らは。

尾びれのところに謎のホコリのようなものがついてるのが確認できると思いますが
一般的にこれがついてるのがオス、
フックなしの個体がメス、といわれてはいますが
その他特徴的にもやはり雌雄差のような差がありますので
これでの雌雄選別がベースとなりますが
バイランディのような雌雄の常識が逆の種もいてますので
繁殖を目の当たりにするまでこれも確信には至らないといった感じで
ただ、まぁ雌雄の差であるのはほぼ間違いない気がします。
あくまで有性生殖であるならその差はあるのでしょうし
こうして顕著に特徴がわかれていますので。

R0047158.jpg
R0047163.jpg
こちら尾びれにフックのないメスだろう個体たち。
こうしてみればフックだけでなく色彩やヒレの形など
まぁメスだろうな思わせる特徴をしっかり感じますので
これまでの大方の魚のセオリーで考えればメスなんですよね。

R0047157.jpg
R0047156.jpg
今回はマナウスよりマイヤシーとして入荷しています。
そしてマイヤシーだと思います。

それにしてもミステリアスな魚ですこと。

ブリタニクティス マイヤシー
pr ¥2980- sold out

お値段も入手しやすいですのでどうぞ!


R0047149.jpg
こちらもネグロからの極美テトラ。
ブラインシュリンプやってますがけっこうなんでも食べます。
でもブラインやると状態の落ち着きがぐっと早い。
状態も日々上がっていきます。
こうしてブラインの給餌効果も日々実感しながら
オススメしています。
効果のないことに手間をかけても仕方ない。
手間をかけるならそのポイントがあります。

トュッカーノテトラ
5匹 ¥12000- 10匹 ¥20000-
20匹ご用命の方はお値段お問い合わせください。
セール期間はここから割引にて。


スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://afrikaosaka1.blog.fc2.com/tb.php/683-8fd1df11
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ