FC2ブログ

アピスト通信 ツクルイBRの失敗

 2013-04-05
まずは入荷です。
今シーズンのネグロネタはおそらく最後となるでしょうか、
久方ぶりのプッツェールがミウア産として入荷!!
一緒にサンジョアキンのエリザベサエ 腹赤系が少し入ってきました。

どちらも pr ¥28000- 割引対象外 にてリリース。
写真は後日にでも撮影しますが
チビチビではなく導入にはかなりいい大きさ。
といってもさほど大きくもないですのでGOOD!
プッツェールは毎年やってきてはいませんので
お探しの方はどうぞ。







さて
昨年秋に入荷していたサビー ツクルイのメスなんですが
当店で3回産卵しているんですが
そのすべてにおいてブリーディングに無残に失敗しましたw
というかブリーディングを狙って管理はしていませんので
産んでしまった時にそのあとどうするか、育成するか否かを
都度決めたりする程度なのですが
一度目の産卵は雄だけが売れて行ってしまったのち
メスが残ったのでブリードの雄をあてがってみたのですね。
そしたらすぐに産卵したので
これをどうせなら育てようと思っていたら
育児中にまた産卵してしまって
一度目の稚魚を蹴散らしてしまいました。
その後二度目の産卵の稚魚は隔離をしなかったため
オスに少しづつ食べられていき減っていきました。
ちょっとオスの隔離水槽がなく仕方なく・・・・

その後さらに産卵しましたが
産卵孵化の数日後ジャパンペットフェアで店舗を4日留守にしましたので
帰ってきたら稚魚減ってましたね。
こうして店のストック水槽での繁殖はほぼ失敗しております。
ちゃんとブリーディングは計画的に準備してやらないと
繁殖難易度の易しい種ですらこのとおり、悪い例です。

そんなこんなでほんの数匹それでも生き残ってくれたくれた子がいますが
リリースできる数ではないですので
これはちょっと育ててみます。
まだ雌雄が曖昧なレベルです。

ブリードの雄も売れてしまい
産卵経験豊富なメスが今、少し残った稚魚を世話しています。
オスがいないので産卵も打ち止めですね。
残った稚魚から雌雄でてくれるといいですが・・・
はてさて。
ツクルイ BR 001
稚魚 メスかな

ツクルイ BR 002
お母さん

メスは育児が終わりましたら販売いたします。
純ワイルドです。
純血のオスを今期手に入れた方は系統維持に、
ブリード個体をお持ちのお客様も
ワイルドのかけあわせに。
ツクルイは比較的繁殖がたやすいですので
ブリード個体ともそれなりに産卵へもっていけます。
といっても今は育児中ですので少々お待ち下さい。
スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://afrikaosaka1.blog.fc2.com/tb.php/587-755a0601
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ