FC2ブログ

アピスト通信 アガシジィ アレンカークリカカ

 2013-03-16
当店でご購入いただきましたアガシジィ アレンカークリカカが
産卵したとのメールでのご報告がやってきました。

アピスト飼育スタートを切ってまもないお客様ですが
ご購入いただきましたアガシジィが導入からすぐに産卵、
すこしどうしていいのかわからず戸惑いながらのメールでした。

むしろ産卵までいってしまえばあとはもう適量のブラインの給餌と
そっと見守ること、これしかできません。
それ以外になにかしようとすればたちまち稚魚の数が減り
気づけば何十匹といた子がさっぱり見あたらない・・・なんてことになりかねません。

アピストの場合オスの隔離はするとしても
それ以外で稚魚側の隔離などは行いません。
そんな刺激をあたえれば一瞬でその小さな命を失ってしまいます。

ベテランさんには当たり前の知識でも
初心者さんですとアミで産卵ケースに移動させたり
新鮮な水を・・・と水かえをしてしまったり、
アピストの稚魚育成でやってはいけないこと、
これが知らないとやってしまう落とし穴になります。

産卵を狙った飼育の場合、
特にブログ等を見て興味をお持ちでご来店されました方、
アピストの飼育についてよくわからないのであれば
購入前に一度担当までお尋ねください。
どのような水槽で飼育する予定なのか、
そして繁殖をその水槽で狙いたいのか、
それとも観賞のみをメインにした飼育なのか、
合わせて水槽のPHを測って教えていただけると
その時点でのアドバイスが明確化できます。

PHがわからないとまずは測ってみましょう!
それからですね・・・とこうなります。
飼育アピストの選択にも重要な数値の一つです。
できればPHを図った数値を一緒にご相談ください。

さて
アレンカークリカカ、
この個体写真を撮る前にご購入いただきまして
当店での写真の公開ができなかった個体です。

住谷さんアレンカクリカカ
お客様からいただきました画像、
産卵後、オスだけを別の混泳水槽に移されたあとの写真。

こころなしか
店にいたときより
背ビレのブルーから腹のイエローまで順調に仕上がってきている様子。
背ビレの青いいですね、こういった雰囲気の青の背ビレを持つアガシジィちょっと少ないんですよね。
黄腹はそこそこいるんですが。
ボディのブルメタもしっかりのってきてそうです。
順調そうでなによりです。
チェッカーがいじめられてないか心配ではありますが
その分オスがぐっと引き締まってきそうでもあり・・・。
うん、この混泳オススメwww

さてさて
いつも黒砂のあじけない写真が多いうちのブログですが
たまにはこういった水草とアピスト、そんな写真もいいですね。
でもうちは管理水槽に水草いれてないし・・・
あ!!!
ちょっとアオミドロで荒野と化してるアオミドロ水槽にそーいやアピストいれてましたww
水草水槽だったのはいつのことやら
いまやアオミドロ育成工場となっている水槽にアガシジィ1匹いれてたなwww

思い立ち水草(アオミドロ)withアピストの写真を収めてきましたw

アガ シシタ
いつのまにかこんな背ビレになってるwwwww
いいやん!いいやん!この子!!
ほほも青いし形もキレイwwwww
ほったらかしにしてたのにいつのまにかこんな立派にww
そしてアオミドロwwwwwwww
掃除しますwwwww
この子はペルー、シシタから。

それにしても水草にアピストって今更ながらいいね・・・
写真みておもっちゃったよ。
これはレイアウト水槽withアピスト作ろうかな~
てゆーか本気でトニナくらいストックしとけよって話しですよねすいませんwww
トニナそのうちご用意します~多分wwww

昔ちょっと水草水槽にもアピスト管理してたことあったけど
写真のこってましたwww
こんな感じでパウイキスクアミス。
パウキス バル
うーむ、いい感じ。
エキノwithアピスト
これもいいけど
ネグロ系と水草はちょっとむずかしいんだよね・・・・
だからトニナおけよ!!って話ですよねwはいw用意しますwww

(逃げる
スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://afrikaosaka1.blog.fc2.com/tb.php/579-75d47b1e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ