FC2ブログ

アピスト通信 パウキスクアミス イガラッペバルバル

 2012-05-14
さて
前回の新入荷情報でやはり問い合わせが多く
写真掲載要望の声をいただきましたので
何とかパウキスクアミスの写真を撮影いたしました。

追加入荷の2ペアですが
個体差が非常にありますので
このブログを見て存分に悩んでいただき、
そして
どちらもまとめて購入してくださいwww
というのは冗談ですが
このパウキスクアミスのセレクト個体。
いいですよ。
ご希望でしたら逃さずお早めに。

パウキスクアミス イガラッペバルバル
イエローテール極美タイプ
パウキ イエロテール 021
非常に美しい個体です。
写真では伝わりにくいですが
この個体の背びれは目視ではかなり青光りしています。
特に背びれの伸長する後端あたりは非常にいいです。
そしてツインバータイプではありますが
尾びれの上下のあたりだけでなく
中央部にもしっかりイエローがのってきており
非常に目を引きます。
ボディのイエローも申し分なし。

パウキ イエロテール 022
尾のアップショット。
説明はいりませんねw
はたしてこのレベルですとツインバーという表現が適切かどうか、うーん。

パウキ イエロテール 024
パウキスクアミスは一部の愛好家をのぞき、
どうもサエやメンデジィの影に隠れてしまいがちですが
もちろん個体選別は重要ですが
地味な魚であると思ったことは一度もないです。
むしろいい個体の入手が比較的しやすく
シーズン中は入荷もまとまっていますので
選べるのも魅力。
そして水質さえ適切であれば
色揚げもむずかしく感じません。
まぁ飼ってみなくてはこの魚の魅力はわかりづらいのかもしれませんねw
ならばこの機会にどうぞw



さて
別の個体ですがこちらは変り種でしょうかw
パウキ イエロテール 013
いやーもう何も言うことはないでしょうww
尾びれすごいですね。
若干緑がかっているのも見逃さないでいただきたいw
こちらは背びれにブルーはあまり見られずイエローが鱗粉のごとく。

パウキ イエロテール 016
こちらもアップ。
少し傷ついていますがゆっくり治していきましょう。
それだけの価値があると思います。

パウキ イエロテール 017
これもツインバーという表現はもう通り越してww

この珍イエロー個体と
上記の極美個体、
さてどっちか迷うとこですので
ここはまとめてどーぞwww

ただしメスとのサイズ差がそこそこありますので
サイズ差なんてへっちゃらさ!という中級者以上のかたむきのペアとなります。

とは言え
メスが極小というわけでもございませんので
まぁなんとかなります、おそらくww
店の水槽でも一緒に泳いでますし。

喧嘩は不安ですがこの個体は欲しいと思いませんか???
そんな好奇心と欲望に負けた方はふらっとお店にたちよってくださいw
おそらく連れてかえることになりますwww

どちらもセレクト個体
ペアで ¥19800- 割引対象外
お値段はこれでいきます。


さて
入荷の異産地のサエは売り切れました。
有難うございます。

ビタエニ テフェ 在庫御座います。
1ペアのみでした。
こちらも雌雄サイズ差ありの中級者むけペア。
雄は美個体。
近々写真載せますが売り切れ後の可能性もございますので
ご希望でしたらお早めにお問い合わせください。
しかし
パウキスよりメス小さいですので覚悟して美個体、手に入れてくださいw


初心者のかた、
もしくはアピスト興味あるけど
まだブログだけしっかり見て
飼育に踏み出せないかたへは
ブリードのトリファスキアータが在庫御座います。
問屋にいたぶん、5ペアほどいい個体いましてそれは全て連れて帰ってきております。
飼育しやすくトリファからアピストにはまっていく方も多い種ですので
ぜひ、アピストにどっぷりはまる第一歩を踏み出してみてください。
そのうち
あれ??憧れのエリザベサエが何故だか家にいるってことになっちゃいますww

では
今日はこのへんで。
スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://afrikaosaka1.blog.fc2.com/tb.php/442-9759bc87
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ