FC2ブログ

アピスト通信 spブライトビンデン オリノコ産

 2012-03-18
コロンビア オリノコ川に生息しているイニリダエの採集ロットにまじり
極少数入荷があったブライトビンデンです。

このアピストはブライトビンデンのみの採集ロットで入荷することは
少なく、イニリダエなど、他の魚にまじって入荷してくることが多く
よって入荷頻度はすくなくペアのとれる量もすくないので
流通量はけして多いとは言えません。

今回イニリダエにまじって入荷した個体も総数で20匹にいたらず
雄が多く、雌がわずかに3~4匹でした。

すべて連れてかえってきたのですが
やはり流通量が少ないのもあいまって人気ですね。

トリートメント中にすでに売れて行ってしまいまして
売約分含めるともう雌がとれないかもしれません。
いてもあと1ペアが限界かなと思いますが、
雄が少し余りますので雄のみの販売をいたします。

一応 pr ¥5800-でしたが
雄のみは1匹 ¥1980-にて販売いたします。
雄のみでも飼育したことのない方は一見の価値のある魚ですよ。


ブライトビンデン 013
コーム状にギザギザに伸びる背びれは
規則正しく伸びるのではなく
トップの長さはギザギザにすこしづつ違い
その迫力は背びれ伸長系アピストのなかでも随一。

ブライトビンデン 004
ブライトビンデン 005
初めて見た時は衝撃をうけるフォームで
しばし心を奪われてしまいます。

ブライトビンデン 020
オリノコですのでネグロとつながっているため
軟水を用意してやるとその美しさと状態を引き上げてやれます。

ブライトビンデン 034
ブライトビンデン 037
ブライトビンデン 041
非常に攻撃的な体形は
その個体の怒りの表情をあますことなく
われわれ飼育者に伝えてくれます。
実際は写真でみるより
もっとイキイキとしたバイタリティあふれる表情で
腹ビレを細かく震わせながら個体の全エネルギーで
威嚇してくれます。

アピストは色彩ばかりに目がいきがちですが
sp ブライトビンデンはそれほど強烈な色彩をまとっているわけではないのに
強烈な印象を一瞬で与えてくれるほどの
迫力あるシルエットで
そのネームバリューを確立してきました。

地域差や個体差で
異常なほど背びれが伸びるタイプや
顔に赤い柄がでるタイプなども
今までに知られています。

ブライトビンデン 015
ブライトビンデン 016

そんな
異彩を放つブライトビンデン。

ちょっとペアはとれてももう1ペアくらいですが
雄だけでも!!!という方はご連絡お待ちいたしております。

AP sp ブライトビンデン
雄 1匹  ¥1980-



さて
もう少しすれば
当店にもミウアのニューバージョンがやってきます。
非常に楽しみですね!!!


今回はこのへんんで。
スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://afrikaosaka1.blog.fc2.com/tb.php/420-2f589435
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ