FC2ブログ

アピスト通信 cfプルクラ ウアツマ レッド

 2017-08-22
DSC_9820.jpg
DSC_9824.jpg
DSC_9829.jpg
久しぶりのネタ、少々撮影をしてみました。
初回入荷の時はさらにチビでしたが今年は
その特徴がすでに見て取れる感じ、といってもまだチビですが。

さてプルクラといえばマディラの大河のあちこちを産地に分布をしている
アガシジィグループの美種ですが
各所に点在するその亜種や地域バリエーションが
なんといっても特徴的な種でもあります。

マディラ産プルクラを中心に
色彩的特徴の強いウィルヘルミーや
体形まで大きく変わるチンガルノなどがおりますが

さらに強い印象がのこるのがこのウアツマのプルクラ。
体形などはネグロの北支流のブランコ産の珍プルクラと酷似していますが
発色はまた大きく変わり尾びれにオレンジリングが出現することから
レッドプルクラと呼ばれたりもするようです。

上記写真は現在の在庫からですが
発色兆候非常にGOOD。
また非常に体のよく光る種ですので
ボディのギラギラ感が好きな方、オススメです。
DSC_9826.jpg
メスの判断は慣れていないとわかりにくいです。
ここは慣れですw
プルクラ系は総じて少々ややこしいですね、特に小さいと。


そしてこいつらが結局どうなってゆくんだ、
ってことですが
2年ほどまえの入荷個体の画像が残っていますので
紹介しておきます。
プルクラ ウアツマ (2)
プルクラ ウアツマ (3)
比較的小型のプルクラで大型化しません。
発色はここまでくれば大成功と言えます。
PH関係もさしてややこしくなく5.5~6.0あたりで良さそうです。
ネグロ種ほど慎重になる必要はないでしょう。
この写真の子は過去の参考画像なのでおりませんよ!

Aqua Fauna
AP cf プルクラ ウアツマレッド
pr ¥36000- 割引対象外




さて
グァポレもトリファも同じ水槽にて管理しておりましたので
ついでにパシャリ。
あまりケンカもせず一緒におとなしくしてくれています。
なんでかな・・・?
DSC_9823.jpg
こちらもブルーがギラついてきていますので
すでにオススメです。
他のアピストよりPHの適応範囲がやや高く、低PHになると途端に調子をくずすイメージがあります。
飼育の際はネグロ系などとはしっかり区別した管理が必要です。
AP トリファスキアータ グァポレ
pr ¥9000- 割引対象外
スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://afrikaosaka1.blog.fc2.com/tb.php/1108-3eefe5e0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ